パーツの使い方

haikには、パーツと呼ばれる部品が数多く揃っています。
ある面、これがhaikの売りの一つになっています。
当ページでは、そのパーツの概要とパーツの使い方を中心に纏めてみました。
パーツには、以下の16種類のパーツがあります。


パーツの概要

パーツ名内 容関連リンク
1アイキャッチ個々のページでのアイキャッチを実装するアイキャッチ講座
2ヘッダーヘッダーを設定する(限られたテーマでのみ使用可)ヘッダーの設定
3ナビナビ・メニューを設定する
4メニューサイド・メニューを設定する
5フッターフッターを設定する
6本文見出し、インデント、定義文、HTMLソース等
を設置する
7段組み段組みを設定する段組設定
8セクションセクションを設定するセクションとは
9枠(ボックス)を設定するhaikでの枠の例
10パーツ例3つの特徴、メンバー紹介、カード表示、画像
回り込み、スライドショー、ギャラリー、Google
マップ、自動返信フォーム等を設置する
画像回り込み
スライドショー
ギャラリー
11アイコンアイコンを設定するパーツアイコン一覧
12ボタンリンクボタンを設定するパーツボタン一覧
13ラベルラベルを設定するパーツ
14テーブルテーブル(表)を設定する枠とボックスと表
表の表示位置
15メディア音声、動画等を設定する音声再生
動画再生
16レイアウトメニューあり/なし、ブログ、ワイド、
ランディング、フルページ等のレイアウトを
設置する
レイアウトの設定


パーツの使い方

パーツの実際の使い方には、どのパーツでも共通のパターンがあります。

  1. 先ず、パーツを実装するページを編集モードで開きます。
    1. ヘッダーのパーツなら、ヘッダーの編集画面を開きます。
    2. ナビのパーツなら、ナビの編集画面を開きます。
    3. メニューのパーツなら、メニューの編集画面を開きます。
    4. フッターのパーツなら、フッターの編集画面を開きます。
    5. その他のパーツなら、コンテンツ・ページの編集画面を開きます。
  2. 開かれたページでパーツを挿入する位置にカーソルを置く。
    1. これが重要なことになります。
    2. カーソル位置が定まっていないと思わぬところにパーツが挿入されます。
  3. 編集画面の右下にあるパーツボタンを押す。
    1. 該当のパーツのアイコンを選択してクリックする。
    2. 各パーツ毎のサブアイコンを選択してクリックする。
  4. 以上で、該当のページ内に選択したパーツが挿入されます。
  5. 後は、個々のパーツのカスタマイズを行います。
    1. 挿入されたパーツはあくまでも雛型ですのでカスタマイズが必要です。


パーツ利用のポイント

どの場所(ページ)の、どの位置(カーソル)にパーツを埋め込む(挿入)かがミソです。
間違って挿入したパーツは、手作業で削除するしか方法はありません。
haikになったからと言っても、その辺はQHMのおまじない削除の場合と同じです。


パーツの使用例

前記の「パーツの概要」での「関連リンク」を一覧表としてボタン化しました。

アイキャッチ講座 段組設定 セクションの設定

haikでの枠の例 画像回り込み スライドショー

ギャラリー アイコン一覧 ボタン一覧

枠とボックスと表 表の表示位置 音声再生

動画再生 レイアウトの設定 ヘッダーの設定


上記の関連記事はお役に立ちましたか?

  • 下記に投票して戴けると嬉しく思います。
    選択肢 投票
    役に立った 5  
    役に立たなかった 0  


ご意見ご感想等はコチラでお願いします