理想的な文章表現

今まで、余り触れて来なかったWebページでの文章表現について、筆者なりの見解を示したいと思います。それは、多分にスマフォを意識、言い換えればレスポンシブ時代の文章表現方法になる極めて重要な事例にもなると思います。


ただただ長い文章は読み易いか?

読み易くて分かり易い文章表現の姿を考えてみました。
一般的に、コンテンツ幅一杯の横に長い文章表現(当章)より、適当な幅で改行された複数行の短い文章表現(次章)の方が、人間工学的には読み易いと言われています。


複数行に分けた短い文章

前章の文章例を適当な幅で改行して複数行に分割して
表現してみました。
読み易くて分かり易い文章表現の姿を考えてみました。
一般的に、コンテンツ幅一杯の横に長い文章表現より、
適当な幅で改行された複数行の短い文章の方が、人間
工学的には読み易いと言われています。


強制改行の功罪とは?

前章の横に長い文章表現と、適当な幅で区切った短い複数行の文章を比較してみて下さい。
確かに後者の方が読み易くて速読法の形式に適った姿だと思いませんか?
実は、ここにHPユーザーの陥り易い間違った文章表現が隠されております。
PCだけでページを閲覧している分には、気が付かない文章表現があります。
それは、ある適当な幅で区切った「強制改行」が問題なのです。
論より証拠。実際に前章の文章表現をスマフォで見たイメージをお見せします。
画像の説明


段組併用の自然改行の薦め

如何でしょうか? 適当な幅で「強制改行」した幅そのものがスマフォの幅に合っていないから、変なところ、即ち本来なら改行して欲しくない箇所で改行されてしまうのです。
これを防ぐ手があるのです。それは段組との併用で、段組の幅で「自然改行」させることです。
結果的にPCで見てもスマフォで見ても違和感がない文章表現が実現できるのです。当章の文章表現をスマフォで見たイメージをお見せします。

画像の説明


実例でご確認下さい。

以下のページは、前記のスマフォ対策が施されたページです。
当サイトの「初めまして」のページです。
 


「種明かし」します。

前章の文頭で #cols(7,5){{ なる段組設定のおまじないを入れました。
そして文章の最終行に以下の2行を追加しました。
====
}}

更に、これが一番大事なことですが、句読点「。」以外の「強制改行」は使用せず、「自然改行」を多用することです。「自然改行」とは、段組の幅で自然に改行される改行を意味します。

段組の幅は、適宜、レイアウト幅との関連で決めて下さい。
以上です。多いに利用して下さい。



haik化対応制作代行 haikテーマいろいろ


上記の関連記事はお役に立ちましたか?

  • 下記に投票して戴けると嬉しく思います。
    選択肢 投票
    役に立った 16  
    役に立たなかった 1  


ご意見ご感想等はコチラでお願いします